FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向山炭鉱1

Category : 向山炭鉱
向山炭鉱
撮影したいと思いながらも、造船所の撮影でお腹いっぱいになって、いつもスルーしていた。
造船所で夜明けを迎えてみようと夜に行ったついでに、初めて立ち寄ることになった。

だいぶ傾いていた月の光を頼りに、長時間露光で撮影をした。
IMG_2244.jpg


夜の撮影は結構時間がかかる。長時間露光プラス、その後のノイズリダクションに数分。
その間は、カメラの横でボケッーとしている。
IMG_2253.jpg

ノイズリダクションが終わってカメラの赤いランプが消えて、やっと表示された写真が明るすぎたり、暗すぎたり、ピントがあってなかったりすると、調節して、またシャッター押しては、ボケッーとを何回も繰り返す。
IMG_2248.jpg

でも、この作業は面倒くさいようで意外と楽しくて、現像に出した写真がどんな出来上がりになるのかを待ってるワクワク感に似た感じなのかも。


そして、気付いたら大した構図でもない場所で1時間も費やしていた。


出ていた月もなくなったせいで、露光の時間も、ノイズリダクションの時間も伸びて、余計に長くなるボケッーとした時間。

そんな暗闇の中、海をみていると


ん?!なんか、ボワッーと光ってないか?光の反射・・・?

いや、ちゃんと光ってる! これってウミホタルかもっ!!

暗やみに慣れた眼でも、うっすらと青く光って見えるくらいの光。

海岸に打ち寄せる波の衝撃で、ウミホタルが発する青い光が凄く綺麗だった。
IMG_2275.jpgf/3.5 ISO-400 149秒


撮影時間は長くはなるけれど、今度はボケッーとしてなんてしてられない。
だって、海に石を投げると、石の落下部分と、その飛び散った水しぶきが青白く光るのが楽しいから。
その飛沫が写真に映らないのが残念。


IMG_2280.jpg
f/4 ISO-400 94秒


投げる石の大きさも段々と増して、最後の方は全身使って投げるような石まで投げていた(笑)


IMG_2288.jpg
f/3.5 ISO-400 169秒


大興奮の時間も、潮が満ちてきていることを感じたところで終わり。

<続>
スポンサーサイト

向山炭鉱2

Category : 向山炭鉱
海のすぐそばにある割には、まだまだ結構しっかりしている印象。
IMG_2292.jpg


やって来ました。向山炭鉱のこの風景
遺構の配置も、それぞれの形も、うまい具合に仕上がってるな~
IMG_2303.jpg

IMG_2316.jpg

護岸の為の壁と思われるような遺構。もとからココだけしかなかったのか?
IMG_2329.jpg

岩をテキトーに壁にくっつけた感じで、ゴッツゴツしてインパクトある。
IMG_2331.jpg

どこに繋がっているのやら。
IMG_2327.jpg


向山炭鉱も、造船所も、当時がどんな感じだったのか全然わからないので、当時の写真とかが見てみたいなと思う。
あれだけ有名な川南造船所も。当時の外観写真、内部の写真とかは、ネットだとアップされていない。
近くに住んでいた方のお宅にヒッソリと眠っているような気もするけれど。




ついでに、近くに止まっていた作業船
IMG_2259.jpg

<終>
探訪未見地空間について
非日常的な場所が好きで撮影している、廃墟・工場・洞窟・山なんかの写真を載せていこうと思ってやってます。
カテゴリ
プロフィール

esannn

Author:esannn
空の写真が好きで始めた写真撮影なのに、いつの間にやら被写体が廃墟・B級スポット・近代化遺産・洞窟・工場・巨木・巨石などに。
非日常的な風景、古い時代を感じられるものに惹きつけられて撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
pictlayer
ユーザータグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。