FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プドゥ刑務所跡(Pudu Prison) クアラルンプール マレーシア

Category : プドゥ刑務所跡
プドゥ刑務所 正門
1.jpg

プドゥ刑務所は、イギリスがマレーシアを植民地として統治していた時に建設された刑務所で、1895年に建設されて、1996年までの間、100年間も使用されていた刑務。

日本がマレーシアを統治していた時代は、日本軍もこの刑務所を使用していたそうだ。


2.jpg

1996年に刑務所としての使用が終わった後、しばらくは博物館として一般に公開されていたようだが、1998年末にはその公開も終了してしまい、廃墟化しているようす。


3.jpg

しかし、このプドゥ刑務所が建っている場所は、クアラルンプールの一等地のような場所で、この状態にずっとしておくわけもなく、再開発のメドが立ったようで、既に刑務所の壁の一部が解体されて、道路の拡張工事にのまれてしまっていた。

4.jpg
もうすぐ、この正門も壊そうとしているのか、なんかの作業員っぽいおじさんが正門をチェックしていた。

5.jpg
おじさんがいなくなった後で中を覗いてみると、荒れた空間に、内部との受け渡し口があって、なぜかそこに、白いモモヒキが逆さに吊られていた。

6.jpg

天井には、正門の塔の部分の下にあたる部分に穴が開いていたが、上部にもう一つ板が貼ってあり、上部は見れなかった。
7.jpg
モモヒキに恐る恐る近づいて内部を撮影。

8.jpg正門の覗き窓から撮影。
内部の建物の柵は開いており、入ることができたなら内部は自由に周れそう。頑丈な扉と壁を恨めしく眺めながら移動。

9.jpg
刑務所の壁の落書き。
道路拡張の為に崩された壁には、囚人達によってペイントがなされて、ギネスにも載っていたということだが、ギネスにのってる壁も壊すのだから、ここを保存する気はないらしい。

10-1.jpg
壁の特にこの一画は、鮮やかな色が使われて南国の外国っぽい雰囲気がした。

11.jpg
マレーシアは麻薬の密売に対して厳しくて、一定量以上の所持で死刑が定められている。
ちょうど2011年10月にここを訪れたとき、麻薬の密輸の罪でマレーシア政府に捕まっていた日本人女性に対して死刑の判決が下されたという報道がなされていた。



12.jpg
奥に見える大きなビルは、タイムズスクエアービル。建物の中にジェットコースーなどが走る遊園地まである。若者向けのお店がいっぱい入っている。



<続>
スポンサーサイト

プドゥ刑務所2

Category : プドゥ刑務所跡
プドゥ刑務所の、壁に点在する「監視所」にあたるであろう部分は、魅力のある造りになっている。
刑務所だからといって、単なるコンクリートの箱ではなく装飾が施されている上に、どれも異なる装飾が施されていたのが良かった。

13.jpg


特に、目を引いたのがこれ↓
15.jpg


マレーシアの伝統的な建築の屋根を模してあるんじゃないかなとは思うけれど、これをみると、どうも、デーモン小暮閣下をイメージしてしまうのは自分だけだろうか。
14.jpgdemon.jpg


曲線がやわらかい印象を与える建物もあった
18.jpg

モルタルが剥がれていい感じ。
23.jpg

どこから芽吹いてるかわからない植物
19.jpg

壁のめくれ具合がいいなぁ
20.jpg

刑務所の壁だけあって、生身で乗り越えられる高さじゃないから、内部を覗くこともできない。
三脚を伸ばしてカメラだけを覗かせてどうにか撮影。いい感じに熟成されている様子。
21.jpg

プドゥ刑務所の裏側にあたるところ。ちょっと荒れた感じでもあるので入れそうならここらへんといった感じ。だけど、ここの道は一般道ではないけど、修理工場か何かの会社につながる道路になっていて、撮影している合間もトラックやバイクが結構通って行くので、異国の地で、しかも刑務所にお邪魔するのは気が引けてしまった。
22.jpg


<続>

プドゥ刑務所3(モノレールからの眺め)

Category : プドゥ刑務所跡
下の地図を見てもらえばわかると思いますが、プドゥ刑務所のホントすぐ横をモノレールが走っているので、モノレールに乗れば、その車窓から内部を眺めることができる。





手前の茶色の壁は、道路拡張の為に壊された壁の箇所を塞ぐ為に新たに造られた壁です
25.jpg


28.jpg
27.jpg
いい感じの朽ち具合
26.jpg




29.jpg

カッコいい正門です。
30.jpg


屋根が結構壊れている建物もあった。
31.jpg


中に入ることができたなら
32.jpg


34.jpg

さぞ楽しかろうに・・・
33.jpg




廃墟好きの中で、「刑務所」といえば、「旧長崎刑務所」だと思うけれど、

九州に居ながらにして、あの解体直前の一般公開に立ち会えなかった悔しさは半端ではなく

内部を撮影された方の写真を見るたびに、感動とともに、悲しい気分になってしまう位だ。


何も触らずに放置しておいてもらえるのが廃墟好きとしては一番だけれど、旧長崎刑務所は建築物としても

十分な観光資源になっただろうから、壊されて無くなる位なら、網走刑務所博物館のようだったり、

横浜の赤レンガ倉庫のようにおしゃれな商業施設にしたりして、

軍艦島、長崎市街、旧長崎刑務所、島原・雲仙のラインでパッケージツアーとか

組んだら集客できるんじゃないかなと勝手なことを思ったりもしてしまう。

ともかく、古い建築物があまりにも簡単に崩されてしまうのは悲しすぎる。

旅行は非日常を感じる為に出掛けるものだから、古い建築物はそれだけで非日常を感じられるし

刑務所ともなれば、悪いイメージを持つ人も多いだろうけれど、内部が見られるとなったら非日常の世界を

見に行きたいと思う人は多くいるだろう。

ここプドゥ刑務所も、外部の人間からは「価値ある建築物だから残すべきだ」という意見があるが、

関係者はそう思っていないということらしく、開発準備が着々と進められているようだ。

まぁ、プドゥ刑務所はあまりにも立地が良すぎるのでしょうがないのかもしれないが。

建物の一部は既に解体されている部分もあるようで、最後の一般公開などもなさそうだし、あってもマレーシア。

そう簡単には来れないだろう。

旧長崎刑務所のリベンジのような気持ちも少しあっての、プドゥ刑務所の訪問となったが中にはついに入れなかった。


下記のサイトは、プドゥ刑務所内部の写真が載っている。やっぱ入りたい・・・
http://mikeyip.com/pudu-prison-a-heritage-we-wont-have/

<終>
探訪未見地空間について
非日常的な場所が好きで撮影している、廃墟・工場・洞窟・山なんかの写真を載せていこうと思ってやってます。
カテゴリ
プロフィール

esannn

Author:esannn
空の写真が好きで始めた写真撮影なのに、いつの間にやら被写体が廃墟・B級スポット・近代化遺産・洞窟・工場・巨木・巨石などに。
非日常的な風景、古い時代を感じられるものに惹きつけられて撮影しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
pictlayer
ユーザータグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。